ナナカゲ運営局 ナナカゲ運営局 LV.12 GameManager
Aug 26, 2019, 06:58 PM 5,623 read

新傭兵&新スペル登場!

『ナナカゲ ~7つの王国と月影の傭兵団~』をプレイしていただき誠にありがとうございます。   アップデートで追加された新傭兵と新スペルを開発者のコメント付きで公開!   [8/27追記1] 誤字を修正しました。 [8/27追記2] テロスの新スペル「ブリザード」の効果値に誤りがありました。「250%」と記載しておりましたが、正しくは「200%」となります。誠に申し訳ございません。   ■新傭兵   ◇アリス(レジェンド)

アリスは伝説的な古龍であり、火炎の支配者です。 火傷状態の敵に高いダメージを与え、敵を火傷状態にするため、ネフェル、カルタと一緒に出撃すれば、強力なシナジー効果を発揮するでしょう。   特に、テロスのスペルである「不死鳥の急降下」と同一の攻撃範囲を有しているため、一緒に使えばアリスの前方には敵が残らないでしょう。     ◇ラク(ヒーロー)

ラクは敵にも酒を勧める、おしゃれな酔っぱらいのタヌキの獣人です。 左右にある敵にお酒を飲ませて睡眠状態にします。 睡眠状態の敵に高いダメージを与えるトレロと使うと、シナジー効果を発揮します。   特に、アターシャの「負の増幅」または「悪意の膨張」と共に使用する場合、敵に高いダメージを与えることができます。     ◇テア(レジェンド)

テアは光の精霊王ヘメラと契約した契約者です。 自由自在に光の精霊を働かせて味方を守ってくれる盾になったり、毎ターン味方を回復したりします。   テアが召喚する光の精霊は攻撃力が低いため、攻撃時はあまり役に立ちませんが、聖域(バフタイル)を占領し、味方の手助けをすることができ、テアの正面で敵ウィザードの攻撃を防いだり、近接ユニットの接近を防ぐのに有用です。   光の精霊は聖域(バフタイル)を占めることもでき、行動力を使って移動&攻撃もできます。 ですが、アターシャの魅了で奪うことはできません。さらに倒してもメダルを獲得することはできず、サドンデスでは勝敗に影響を与えません。     ■スペル   ◇サイ

今のサイは攻撃と防御の全てが優れた団長です。 「攻防一体」と「士気高揚」の追加で、以前は不足していた攻撃力増加効果も増えており、「突撃命令」で敵の陣形をかき乱して破壊する能力まで兼ね備えるようになりました。   今回追加されるスペルは「リカバリーシールド」と「シールドスラム」です。   「リカバリーシールド」は状況に応じて緊要に使える防御姿勢スペルです。 1ターン残った防御姿勢を取り除きながら、高い効率で体力を回復することもでき、敵の攻撃を受ける味方をあらかじめ防御することもできます。   サイは、エフィのように敵を直接選択し、スタンさせるスペルは保有しておりません。 そのため、敵のユニットが使うスキルを容易に阻止することができず、やられるしかありません。 ただし、自軍と近接した敵なら「強行突破」「シールドアタック」「静かな怒り」を使用して敵をスタンさせることができます。   「シールドスラム」も同様に近接した敵をスタンさせるスペルです。 さらに、聖域(バフタイル)に拠っている敵を追い出せる2つの活用法を持っています。     ◇レア

レアの多くのスペルは十字型の配置を誘導しています。 戦略の核心は、十字型の陣形をどう維持するのかです。   特に中央にどのようなクラスの傭兵を配置するのかが重要です。 両翼のナイト/ファイターと一緒に攻撃できるバーサーカーにすることもでき、正面のナイト-アーチャー(自分) - 後方のウィザードにつながる集中攻撃ポジションにすることもできます。   今回追加された「女神の吐息」は中央にあるクラスを保護するためのスペルです。 中央の傭兵は、敵のファイターとアーチャーによってよく狙われるので、防御するのが難しい方でした。 「女神の吐息」は、中央にある傭兵を保護しながら十字の枠にデバフ除去を発揮するスペルで、より十字の型をしっかり維持できるようにしてくれます。   「神の鉄球」はスタン攻撃バフを利用して、近接ユニットが戦闘で優れた交戦能力を持つよう支援しています。 もしシールドで保護されていたら、シールドの防御を捨てて、代わりに攻撃力を強化させて敵に強力な一撃を飛ばすようにします。 これからレアを相手にする時、シールドで保護されていることがあるなら、あらかじめシールドを破壊しておくのが良いでしょう。     ◇テロス

これまでのテロスは凍結テロスと火傷テロスに区分されていました。 状態異常を利用して戦闘を掌握したいなら凍結を、高い広域ダメージを利用して戦闘を優勢に導きたければ火傷を主力としました。 そのためテロスのユーザーたちは他の団長より少ない組み合わせのスペル戦略を構想するしかありませんでした。   今回追加される「ブリザード」は、火傷状態の敵軍に凍結デバフをかけながら、高いダメージを与えるスペルです。 テロスに最初に試みられるスペルコンボとして凍結と火傷の飛び石の役割をしてくれるでしょう。 また、このようなスペルは今後継続して追加され、テロスの不利な点を補ってくれるでしょう。   「クロスフレイム」は、火傷効果を敵に与えるスペルです。 「ファイアストーム」よりもっと低い行動力で火傷を拡散させることができるので、「ファイアボール」を使う火傷テロスには非常に魅力的なスペルになるでしょう。     ◇エフィ

エフィは優れたスタンスペル、ダメージスペル、位置移動スペルを持っています。 多芸多才なエフィに問題点があるならば、それはまさに“スタンコンボ”です。 スタン状態異常は毒や火傷とは違って、1ターンだけ適用されます。 つまり、1ターンでスタンスぺルとスタン効果のコンボスぺルを一度に使用してこそ追加効果を得ることができます。 そのためには行動力不足で大きな効果を享受するのが大変でした。 今回追加される2つのスペルは“機会”を“次ターン”に回すスペルです。   まず、「スタン爆弾」は“スタン”を次のターンに発生させるので、行動力が回復した後のターンに、十分な行動力でコンボスペルダメージを与えることができます。   また、「スタン爆弾」はエフィの攻撃力を高める「心機一転」とともに使いやすいスペルです。 「スタン爆弾」使用後、「心機一転」を使えばスペルカードをすべて捨てるようになりますが、もし運良く次回のターンに“スタン効果コンボのスペルカード”が入ってくる場合、非常に強力なダメージを敵に与えることができます。   もし、エフィが2つのスペルを使うのであれば、彼女に対する十分な備えをしなければならないです。     ◇ティナ

ティナはさまざまな方法で獲物を狩る非常に有能なハンターです。 敵を毒にさせて徐々に死に至らしめ、落とし穴をたたいて獲物を待つこともあります。 息を殺して機会を見守り、後半戦に強力な矢で敵の息の根を止めます。   今回追加される二つのスペルは味方を効果的に手助けするスペルではありません。 これまでのように敵を徹底的に苦しめるスペルですね。   まず、「フックアロウ」は、「ヘビィショット」と共にトラップの命中率を高めます。 トラップを設置した後、「フックアロウ」で敵を引き込み、すぐに発動させることができます。 それだけでなく、敵が攻撃できないように最も内側に閉じこもり、聖域(バフタイル)を奪うことにも有用です。   「毒撃体勢」は味方の傭兵を回復させながら敵を毒状態にすることができます。 ヴァリス、ランブロスなど体力が非常に高いナイトと反撃能力の高いリコに使えば非常に有用です。 そして、「猛毒の霧」まで使えば、すべての敵は一瞬にして毒状態になるでしょう。   ティナとの戦闘は今までよりもっと厳しくなるかもしれません。 運良く落とし穴を避けても、ティナの矢はあなたを再び落とし穴に追い込むでしょう。     ◇アターシャ

私たちの魅力的な保健の先生アターシャは状態異常の回復スペルは優れていますが、HP回復はちょっと足りませんでした。   今回追加される「急速再生」は体力の高いナイトにはとても有用です。 最大HPが高いほど、HPが50%以下の状態で生き残る可能性が高いうえ、回復量も増加するからです。 もしアターシャがナイトを起用すれば、「急速再生」は魅力的な選択肢になるでしょう。   後半戦が始まり、「嗜虐の女帝」が発動されると、アターシャの一人舞台が始まります。 「嗜虐の女帝」「負の増幅」のコンボは現在アターシャの仕上げパターンです。   残念なことは、アターシャの強力な睡眠コンボを前半戦には見受けられないということです。 今回追加される「まどろみ」は、アターシャは強力な睡眠コンボを前半戦から使用することができます。 相手のHPを50%以下にさせなくてもよいということです。     ◇アルゴス

アルゴスは「血の祝福」や「マナドレイン」などのスペルのように独特な追加効果を持つスペルを持っています。 これは相手の予測と計算を破壊する恐ろしい戦略カードです。 ところで、該当スペルは回復の効果があるので、アルゴスの体力が最大である時、十分な効果を発揮できません。 ですので、「血の祝福」と「マナドレイン」を使用する時、ためらう部分もありました。   今度追加される「血の弾丸」はこのような部分を解消するためのスペルです。   「血の弾丸」はアルゴスのHPを消耗し、敵に高いダメージを与えます。 行動力に比べて高い効率を持っていますが、多くの体力を消費するため使用時は注意しなければなりません。 ですが、アルゴスはそのように消耗した体力を「血の祝福」と「マナドレイン」、「吸血覚醒」を通じて再び回復できます。 アルゴスが体力を十分持っていると、「アルゴスの怒り」を利用して瞬間的に爆発的なダメージを被る可能性があります。   また、今回追加される「求血の翼」は、敵の攻撃力を下げる効果を持っています。 後方で隠れている他の団長とは違って前方で戦闘を指揮するのがアルゴスなので、「求血の翼」を使うとアルゴスは前より安定的に戦うことができます。

Comment 0

    Home