【☆4 ベリアル】CV.南條ひかる

【ステータス】
【Story】
今回のハロウィンは楽しいのかな?
ベリアルの小さな胸はワクワクにあふれている。
ベルゼウトが言っていたハロウィン。よくわからないけど、子供はお菓子がもらえる日。
大人が仮装して、隊列を組み行進する日。
でも、こんなアマグニではそんなことは起こらない。それでも、ベリアルは期待している。
今回こそは仮装の行列が見れることを。
「うきゅー…今回はみんな出てきてくれないでしかー」
 

【☆4 ベリアル】CV.南條ひかる +1
【☆4 ベリアル】CV.南條ひかる
【公式】アマグニ管理人
【公式】アマグニ管理人 【公式】アマグニ管理人
LV.20 GameManager 3years

【☆5 ノウン】CV.飯田ヒカル

【ステータス】
 
【Story】
アマグニにも魔力の元である魔素がある。
魔素は本人の精神に干渉し、相性が良いものは無意識に魔素を武器に取り込み魔力で攻撃している。魔素は少量でも魔力を帯びるが、単体では微細な力で、よほどの塊で無いと、物理影響を与えることはできない。
そんな、魔力のみで戦うものは「魔法使い」と呼ばれており、古代より生きているものが多い中、ノウンはわずかな時間の中で「魔法使い」呼ばれるまでの域に達した。
天才的な好奇心の塊であるノウンは、次から次へと面白そうな出来事に足を突っ込んでいく。
今ははぐれドラキュラのヴァーヴについて回っている。そんなノウンが、体と記憶がないあなたと出会ったら…
一体何が始まるのだろう?
その答えは、一緒に冒険をしてあなた自身が見つけてほしい。
 

【☆5 ノウン】CV.飯田ヒカル +1
【☆5 ノウン】CV.飯田ヒカル
【公式】アマグニ管理人
【公式】アマグニ管理人 【公式】アマグニ管理人
LV.20 GameManager 3years

【☆5 ヴァーヴ】CV.清水彩香

【ステータス】
【Story】
「ぺっぺ。今日は雑魚ばっかり。不作だわ。」
瓶に詰まった赤い液体を飲みながら、ヴァーヴは地面に転がっている残骸たちを見渡す。
バラバラに引き裂かれたその躯は野獣にでも襲われたかのよう。
背中の羽をピコピコさせながら、不満を漏らしていた。
ヴァーヴはヴァンパイアでありながら、接近戦を好み、血の鮮度にも興味が無く、ふらふらと太陽の下で旅をするのが好きな変わった人物だ。
その為、他のヴァンパイアたちとは相成れず、一人、目的もなく旅を続けている。
このアマグニで、自分の存在理由を求めて、終わらない自分探しを続けているのだ。
 

【☆5 ヴァーヴ】CV.清水彩香 +1
【☆5 ヴァーヴ】CV.清水彩香
【公式】アマグニ管理人
【公式】アマグニ管理人 【公式】アマグニ管理人
LV.20 GameManager 3years

【☆4 ネネ】CV.古木のぞみ

【ステータス】
 
【Story】
目を覚ました時、ネネは理解した。
自分を導く存在が近くにいることを。いや、物理的な距離は果てしなく遠い。
だが、同じ次元に同様の存在がいること。そして、出会えるという希望が胸に宿ったのだ。
「歩いていくには遠いかしら…」
ここは九龍。底の底。無限のアマと、無限の陰が滞る場所。
ネネは関係ないと言わんばかりに鉤爪を振るいながら万進していく。
しかし彼女は気づいていない。
同じところをグルグル回っていることを。
そして不幸なことは、彼女に指摘をしてくれる人がいないという事だ。

【☆4 ネネ】CV.古木のぞみ +1
【☆4 ネネ】CV.古木のぞみ
【公式】アマグニ管理人
【公式】アマグニ管理人 【公式】アマグニ管理人
LV.20 GameManager 3years

【☆5 ジュール】CV.帝子


【ステータス】
【Story】
フロンティアで信頼のおける狙撃屋と言えば、クールビューティー「ジュール」をあげる者は多いだろう。
どんな仕事もきっちりこなし、余計な詮索も、お世話もしない。
ただ、淡々と敵を討ちぬく姿は正にスナイパーそのものだった。
しかし、フロンティアの受付メイファは語る。
「え?ジュールさん?そうですねぇ…メンドクサイお子様ですね」
その言葉はジュールの性格とは正反対。本人に聞いても返事はもらえず、その真意もわからない。
本当のジュールはどこなのか。あなたが彼女の心を開いたとき、本当の彼女に会えるのかもしれない。

【☆5 ジュール】CV.帝子 +1
【☆5 ジュール】CV.帝子
【公式】アマグニ管理人
【公式】アマグニ管理人 【公式】アマグニ管理人
LV.20 GameManager 3years

【☆4 フレイ】CV.天沢カンナ

【ステータス】
 
【Story】
「この戦場は制圧…っと」
フレイは地図にチェックを入れながら、次の戦場を確認していく。
人々が住める場所を作るために、アマを一定期間掃討する任務を受けているフレイは、
少人数、時に一人で、そのポータルを制圧できるほど実力を持った戦士である。
特定の目的を持たない、流浪の傭兵であるフレイだが、強気な性格と行動力から、
多くの人々に慕われている。
ただ、一部の女性から言い寄られることがあり、そういった人々は非常に苦手。
逃げるように戦場に飛び出すことも多い。
ハッチとは戦場で一緒になることも多く、気の合う仲間として信頼を置いている。

【☆4 フレイ】CV.天沢カンナ +1
【☆4 フレイ】CV.天沢カンナ
【公式】アマグニ管理人
【公式】アマグニ管理人 【公式】アマグニ管理人
LV.20 GameManager 3years

【☆5 ニグラ】CV.古木のぞみ

【ステータス】
 
【Story】
遂にこの日が来た。
東方の奥地。禁足地九龍の最上階の箱庭から抜け出す日。
あの扉の向こうにある世界は、きっと危険な世界。
でも、そこに飛び込んでいかなければ、あの人、王子様には出会えない。
この箱庭を抜け出すチャンスは多くはない。
このチャンスが、生涯、唯一かもしれない。
「もうあんな後悔はいや…!こわくない!」
強い意志を胸に、ニグラは窓を蹴破った。
眼下に広がる空。そして視界の端から飛んでくる巨大な鳥。
必死に手を伸ばし、その羽にしがみつく。
幾千もの日々を過ごした九龍から、ニグラは飛び出した。
あの日出会った王子様に出会うために。
 

【☆5 ニグラ】CV.古木のぞみ +1
【☆5 ニグラ】CV.古木のぞみ
【公式】アマグニ管理人
【公式】アマグニ管理人 【公式】アマグニ管理人
LV.20 GameManager 3years

【☆4 ロアン】CV.帝子

【ステータス】
 
【Story】
「南国マジヤバい…」
語彙力のない単語を波打ち際に寝そべり、波の圧力を感じながらロアンはつぶやいた。
サイバーエリアでフロンティアで頑張っていたが、超人みたいな奴らが大きな成果を出すのを横で、ロアンはひっそりとその競争から脱落した。
アマグニには人が生きていける場所がそう多くはない。ロアンが街を離れ、たどり着いたのは南国。アマも出ない楽園。
稀に現れる島の神様と無意味なやり取りをしながら、ロアンはふと思う。
ここにいていいのか?こんな生活をしていていいのか?
その疑問を打ち消すほどに、日差しは暑く、風は心地よい。
それでも彼女に秘められたポテンシャルが花開く日は、そう、遠くないのかもしれない。
彼女を連れ出すあなたがいるのだから。
 

【☆4 ロアン】CV.帝子 +1
【☆4 ロアン】CV.帝子
【公式】アマグニ管理人
【公式】アマグニ管理人 【公式】アマグニ管理人
LV.20 GameManager 3years

キャラクター紹介(12/11更新)

※各キャラクター紹介ページにて、コメントをつけることが可能です。
不適切なコメントと運営チームにて判断した内容に関して、削除させていただく場合がございます。ご了承ください。
 
 
 
 
 
【☆4 ベリアル】
https://moot.us/lounges/102/boards/792/posts/2188706
 
【☆5 ノウン】
https://moot.us/lounges/102/boards/792/posts/2188696
 
【☆5 ヴァーヴ】
https://moot.us/lounges/102/boards/792/posts/2188690
 
【ネネ】
https://moot.us/lounges/102/boards/792/posts/2129000
 
【ジュール】
https://moot.us/lounges/102/boards/792/posts/2076660
【フレイ】
https://moot.us/lounges/102/boards/792/posts/2076653
【ニグラ】
https://moot.us/lounges/102/boards/792/posts/1944987
【ロアン】
https://moot.us/lounges/102/boards/792/posts/1944978
【フェリス】
https://moot.us/lounges/102/boards/792/posts/1547083
【リラ】
https://moot.us/lounges/102/boards/792/posts/1547099
【カチェフ(水着)】
https://moot.us/lounges/102/boards/792/posts/1547120
【ベルリ(水着)】
https://moot.us/lounges/102/boards/792/posts/1547137
【ネルシィ(水着)】
https://moot.us/lounges/102/boards/792/posts/1547149

キャラクター紹介(12/11更新)
【公式】アマグニ管理人
【公式】アマグニ管理人 【公式】アマグニ管理人
LV.20 GameManager 3years

【☆5 カチェフ(水着)】CV.立花日菜


【Story】
 
「わぁ…海だぁ!」
 
はじめてみる大海を前に、カチェフの心は躍った。
話は聞いたことがある。
大きい水たまり、塩辛い水、どこまでも深い底…
そのすべてが、目の前にある!
飛び出して海に入るはいいものの、当然カチェフは泳げない…
溺れながらも必死に海を楽しむカチェフにあるアイテムが渡される。
浮き輪だ。
 
いま、カチェフの遊びが始まる。
浮き輪を装備した彼女に隙はないのだ!

【☆5 カチェフ(水着)】CV.立花日菜
【☆5 カチェフ(水着)】CV.立花日菜
【公式】アマグニ管理人
【公式】アマグニ管理人 【公式】アマグニ管理人
LV.20 GameManager 3years

【☆4 リラ】CV.ブリドカットセーラ恵美


【Story】
 
リラの眼前に広がるのは大海。
前も後ろも海海海。
 
「…流されちゃった」
 
浮き輪でぷかぷかしながら、リラは途方に暮れた。
とはいえ、今更どうしようもない。海底は見えず、ただ波だけが穏やかだ。
少し考え、めんどくさくなってやめた。
なるようになる。そもそも、別に今は苦しくない。
なんだ、何の問題もないじゃないか。
 
「あ~。いい天気~…」
 
太陽の日差しは暑いが、海の水は丁度良い。
なるようになるさ。リラはそう思っている。
フェリスが脱兎のごとく泳いで迎えに来て、しこたま怒られたのはまた別の話…

【☆4 リラ】CV.ブリドカットセーラ恵美
【☆4 リラ】CV.ブリドカットセーラ恵美
【公式】アマグニ管理人
【公式】アマグニ管理人 【公式】アマグニ管理人
LV.20 GameManager 3years

【☆4 ネルシィ(水着)】CV.東郷しえり


【Story】
 
稀代の預言者ネルシィは絶対海には入らない。
なぜなら、海底に沈む自分の姿が見えるからだ。
だが、砂浜は暑い。海に入りたい。でも沈む…
 
葛藤の中、ネルシィは心に決める。
絶対、楽しんでやるのだと。この海遊びを。
 
パラソルの下、海に飛び込むタイミングを、沈まない未来が見えるタイミングを、
今か今かと待ち続けている。

【☆4 ネルシィ(水着)】CV.東郷しえり
【☆4 ネルシィ(水着)】CV.東郷しえり
【公式】アマグニ管理人
【公式】アマグニ管理人 【公式】アマグニ管理人
LV.20 GameManager 3years

【☆5 ベルリ(水着)】CV.島田紗希


【Story】
 
「でーきたー」
 
ベルリが掲げたのは、空気を入れて膨らませる、動物型の浮き輪。
みんなで海に行くと知ったとたん、コツコツつくりはじめたものだ。
数十個作った浮き輪たちの声を一つ一つ聴いて、相性の良い仲間に配り始める。
 
浮き輪を受け取ったみんなが、一斉に海に向かう姿を見てベルリはとてもうれしいと思った。
空気で膨らむ「ぬいぐるみ」たち。そう。ベルリにとっては、これらみんながぬいぐるみ。
 
目の前にたくさんあるそれは、とても貴重なものなのだ。
そう。ベルリはココを居場所だと感じている。
ベルリにとって、大切な家族がここにいると気付き始めるのだった。

【☆5 ベルリ(水着)】CV.島田紗希
【☆5 ベルリ(水着)】CV.島田紗希
【公式】アマグニ管理人
【公式】アマグニ管理人 【公式】アマグニ管理人
LV.20 GameManager 3years

【☆5 フェリス】CV.青山吉能


【Story】
 
「まーたあの子は!」
 
フェリスの怒声が浜辺に響く。
視線の先にあるのは海と、豆粒ほどの大きさになってしまったリラ。
おそらく、浮き輪でボーっとしてたら沖まで流されてしまったのだろう。
とにかく取り戻さなくては…
周りにあるのは丸太や木の板…
 
「…しかたない!」
 
意を決して手にした木の板をビート版代わりに荒波を超えていくフェリス。
彼女は覚えていない。一語一句同じセリフ、同じ行動をすでに5回もしていることを。
 
そして彼女は泳ぎながらつぶやく。
 
「…あ、デジャヴッた」
 
デヴァブではない。ただ忘れているだけなのだ。
 

【☆5 フェリス】CV.青山吉能
【☆5 フェリス】CV.青山吉能
【公式】アマグニ管理人
【公式】アマグニ管理人 【公式】アマグニ管理人
LV.20 GameManager 3years
12
Home